形やカバーにこだわる


ネットワークプリントを利用することで手軽に卒園アルバムを作ることができます。さらに、ネットワークプリントでは形やカバーにもこだわることができるのです。それでは、どういった形やカバーが用意されているのでしょうか。

形形は大きく2種類に分けることができます。ひとつは長方形です。これは非常にスタンダードな形となっており、小さいものでは文庫型などがあります。一般的にはA5とA4でしょう。そして、縦長型と横長型から選ぶことができます。人物中心のレイアウトを考えるのであれば縦長型がおすすめです。やはり卒園アルバムは人物が中心であることから縦長型が人気となっています。しかし、写真素材によっては横長型の方がマッチする場合もありますので、写真素材によって決めましょう。そして、縦長型であれば収納しやすいというメリットもあります。

さらに、卒園アルバムはカバーにもこだわりたいもの。ハードカバーであれば重厚感と高級感があり、人生の節目である卒園アルバムにピッタリでしょう。手軽に済ませるのであればソフトカバーがおすすめです。そして、少しでも価格を抑えたいのであれば、カバー無しという選択肢もあります。そのため、カバーは予算に合わせて選びましょう。最後にお店選びのポイントを解説します。